〈カーツ〉
サポートダイヤル(平日10:00〜12:00、13:00〜17:00・土日祝休み):0120-807-064
〈カーツ〉ホーム サポート ブログ お問い合わせ


2018年05月22日(火)

ドラゴンボートも<カーツ>でコンディショニング

みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。

5月20日(日)に、東京・お台場海浜公園特設会場で『東京ドラゴンボート大会2018』が開催されたのですが、ここでも<カーツ>が登場しました。

>>>ドラゴンボートってどんな競技???<<<

画像(320x180)・拡大画像(571x322)

たくさん人が乗っているのが見えますね。。

日本代表のヘッドコーチ池田大介さんによると
「ドラゴンボートは10人から20名が力と息を併せて戦うカヌーレース」だそうです。
カヌーは前回のオリンピックで1人乗りが注目されましたね。
こちらのドラゴンボートは、団体なのでスケールが大きくて見応えもあります。

画像(179x320)・拡大画像(266x473)

いざ、出発!

>>>ドラゴンボート競技への加圧トレーニングの活用方法とは?<<<

日本代表のヘッドコーチ池田大介さんは、社会人中心の(昨年度優勝チーム)混合チーム「INO−G」のヘッドコーチでもありますが、社会人中心のチームのため、練習時間が非常に少なくそれを補うための加圧トレーニングを行い、本大会に臨んだと言います。

「ボートに乗艇しながら加圧ベルトを締めての練習を行い、実践的なフィジカル強化が図れる」
このポイントが大きかったそうです。

今大会の結果は昨年準優勝の東京龍舟に僅差で敗れ準優勝に終わりましたが、7月に行われる大阪大会でリベンジを果たすために、更なる練習と加圧トレーニングに取組みます!とおっしゃっていました。

1日に3レースをこなすので、コンディション作りはウォームアップ・クールダウンが最も重要。
今回は試合の合間に、加圧コンディショニングが必要だとして、選手全員が<カーツ>を着たままで試合を行いました。
(もちろん、加圧を締める必要がない時は緩めたままです)

コンディショングでカギを握る「加圧」「除圧」が自分で簡単にできるため、<カーツ>は海の上でボートの上で出来るんです!

画期的なトレーニング方法で日本のみならずアジアでの大会での活躍も期待しましょう!

画像(320x240)・拡大画像(459x345)

準優勝おめでとうございます

画像(320x181)・拡大画像(571x323)

「陸トレ」でもカーツ!

Posted by <カーツ>スタッフ at 16時49分

2018年04月13日(金)

加圧シャツ、加圧式ダイエットスパッツ

画像(180x110)・拡大画像(449x275)

みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。
ダイエットにぐーんと興味のわく暖かい季節になってきましたね。
お問い合わせ窓口にもさまざまな問い合わせやご相談をいただいておりますが、最近増えているのが加圧トレーニング専用ウェア<カーツ>と「加圧シャツ」「加圧式ダイエットスパッツ」との違いについて。


加圧トレーニングが、加圧式トレーニングや加圧筋力トレーニングと呼ばれていたこともありますが、正式には「加圧トレーニング」と言います。

加圧トレーニングとは「適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法」のことです。
専用の加圧器具を使用して、腕の付け根(上腕二頭筋の基部)や脚の付け根(大腿部の基部)に各個人に合った適切な圧を掛けながら、目的に合ったトレーニングや運動を行います。


トレーニングや運動は、ガンガンに鍛えるトレーニングでなくても、ストレッチや体操、ウォーキングのようなものも含まれます。

着るだけ・履くだけ「加圧シャツ」「加圧式ダイエットスパッツ」は、加圧トレーニングを行うための道具ではないのです。

>>>適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法<<<

加圧トレーニング専用ウェア<カーツ>では、腕の基部、脚の基部に専用のベルトを使用して圧をかけてトレーニングや運動を行います。


そうすると、カラダの中である変化が起きます。
さまざまな細胞にメッセージが伝わり、血流が促進されたり、成長ホルモンが分泌したり、毛細血管が働き出すのです。この「適切に制限して行う運動」がカギを握っています。

時間にしてわずか10分。
この適切に血流を自分で制限することができるアイテムが<カーツ>なのです。
毎日の歯磨きついでに、犬の散歩ついでに、掃除のついでに、スクワットのついでに(十分キツイ運動をしているかも知れませんが)、加圧トレーニングを組み合わせることが出来るのです。

加圧トレーニングの効果は、適切な道具でしか得られません。
メカニズムを少し理解していただき、生活の中にうまく加圧トレーニングを取り入れていただければ、健康なカラダを手に入れることが出来るのです。

★加圧トレーニングのメカニズム★

★加圧トレーニングの基礎理論★

Posted by <カーツ>スタッフ at 17時06分

2018年03月13日(火)

「加圧トレーニング」に関しての情報が、厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」に掲載されております。

「加圧トレーニング」に関しての情報が、厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」に掲載されております。

e-ヘルスネットによると、
『健康づくりに役立つ情報や、自分で出来る健康チェック、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づく特定保健指導を行うためのコンテンツを提供しているサイトです。

肥満・血糖値・血圧・中性脂肪・HDLコレステロール・喫煙のうち、たとえひとつでも生活習慣病のリスクがみつかったら、今日から改善に取り組みましょう。毎日の生活習慣を見直すヒントとなる情報を各分野の専門家がお届けします。
健康用語の意味を解説した辞典もご用意しました。』
とあります。

自分で出来る加圧トレーニング<カーツ>。
生活習慣病のリスクを回避するためにも、加圧生活始めてみませんか。


情報提供の内容としては、
1.加圧トレーニング」とは
2.筋肥大・筋力増強効果のメカニズム
3.加圧トレーニングと成長ホルモン
4.加圧トレーニングの利点と欠点
となっております。

詳しい内容は下記よりご覧いただけます。
URL:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-008.html

Posted by <カーツ>スタッフ at 19時00分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2018


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ライターリスト

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2012 Kaats Blog All rights reserved.