〈カーツ〉
サポートダイヤル(平日10:00〜12:00、13:00〜17:00・土日祝休み):0120-807-064
〈カーツ〉ホーム サポート ブログ お問い合わせ


2016年09月20日(火)

敬老の日に思うこと

画像(120x180)・拡大画像(240x360)

締めて歩くだけ!カーツxウォーキング

みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。
また台風が日本列島にいやな雨をもたらしていますが、みなさま身の安全にはくれぐれもご注意くださいませ。

がんばらないトレーニング

19日(月)は敬老の日でしたね。
突然ですが、とある女性のお話をご紹介したいと思います。

出会ったのは6年くらいまででしょうか。
カーツをご覧になっていた奥様に声をかけたところ、
「スポーツジムへ通っていたのですが膝を痛めて通えなくなり、それから10年くらい何もしていないんですよ・・・」と。

その時の年齢は68歳。
普通には歩けるようですが、痛めた原因を本人は「やり過ぎてしまった」とおっしゃっていました。
鍛えなきゃ!という思いでついつい。。。

加圧トレーニングは以前から聞いたことがあったようで、自宅で出来るのならとご自分用のセットを購入し、トレーニングを開始されました。

膝を痛めたのに、衰えるのが怖いとのことで毎日2時間公園に行って歩いていたとお聞きし、カーツで20分ウォーキングに変えていただくようアドバイスしました。

それから、定期的にお会いし、今年の秋で7年目。
ウォーキングはずっと続けていただき上半身のトレーニングは腕に加圧をして「歯磨き」を行っています。

ここまで、病気もケガもなく、おいしいものが食べられて体調もよいので、トレーニングは継続していきたいとおっしゃっています。

決して、がんばりすぎないことが大切

カーツは、日々の生活の中で無理なく継続することができるアイテムです。
ただし、年齢や体組成、生活習慣や行動パターンによって効果が出せる内容や期間が変わってくることも事実です。

継続は力なり! やはりこの言葉が一番合うトレーニングかもしれません。

Posted by <カーツ>スタッフ at 14時03分

2016年09月09日(金)

特別ではなく習慣に

画像(180x80)・拡大画像(640x285)

みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。
春から夏にかけて、健康診断を受診されている方も多いと思いますが、生活習慣病検診で内臓脂肪型肥満のリスクが高い方には特定保険指導があり、積極的に支援するというプログラムが用意されています。

3ヶ月、6ヶ月と改善がみられるように支援してもらえるということですが、やるのは自分ですね。日頃から「少し」意識を変えて生活習慣を見直してみると、より健康で、より仕事がはかどるカラダが手に入れられると思っています。

加圧トレーニングを始める方の中には、
・健康診断で運動した方がよいと言われて。。。
・去年より体重が10kg増えて。。。
・階段を上がると息が切れて。。。
と言った「きっかけ」があります。

また、糖質制限で痩せたが、体力がなくなって、ハリがなくなった気がする。。。という方も。

加圧トレーニングは、短期間に劇的に体重を減らすものではありません。が、カラダの変化にきっかけを作る力が素晴らしいのです。
「血行が促進され、筋肉が付きやすく脂肪が付きにくく、代謝が上がる」
この状態が続けば、カラダは必ず変わるのです!
体重を減らすには、やはり「食事」の変化も必要になります。何を、どれくらい、どの時間帯に食べるのか。

何やらむずかしそうな事を書きましたが「習慣」が大切で、最終的には「特に何も特別なことはしていませんよ」と今では毎日加圧トレーニングをやっている女性ですが、そう言い切ります。
特別ではなく習慣に☆これが、カラダを変えるカギになりそうですね。

Posted by <カーツ>スタッフ at 15時37分

2016年08月18日(木)

マラソンに加圧トレーニングを生かす☆

画像(127x180)・拡大画像(413x585)

みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。

夏に走るということ=危険 と感じてしまうほど気温の高い日が続いたり、今日の東京は豪雨に見舞われたりと、なかなか「走る」ことが難しい夏の間は、ぜひ加圧トレーニングで筋トレ&毛細血管トレーニングを行いませんか。

◆毛細血管を鍛えるとマラソンによい影響が!◆

毛細血管(もうさいけっかん)とは、動脈から静脈へと変わる部分の極めて小さい血管を指します。働きとしては、動脈からの酸素や栄養を組織に与え、組織から炭酸ガス・老廃物を受け入れて静脈へ送っています。

毛細血管が増えると(カラダの隅々に張り巡らされる)、溜まった疲労物質や老廃物を回収し、新鮮な酸素と栄養を細胞に送る能力が上がります。つまり、パフォーマンスがアップするのです。
疲労しにくく、また疲労の回復が早くなる!夢のようなお話ですが、実際にトレーニングを続けてみるといち早く体感できる部分でもあります。

また、筋力が不足しているにも関わらず走る練習ばかりを続けているとケガにつながり、練習を休むケースも出てきます。
弱い部分をしっかり補強することで、エンジンが大きくなって走りやすくなり、今まで使えていなかった筋肉が使えるようになって走りやすくなり、さらにケガのリスクが減ります。
加圧トレーニングは低負荷、自重でも出来るトレーニングですのでムキムキの筋肉がつくものではありません。カラダが重くなるのではなく動きやすくなて「軽く」感じるのです。

なんとも不思議なトレーニングですが、私の周辺では、マラソン練習に加圧トレーニングを取りれている方の記録がアップした!というれしい報告が多いのです。

カンボジア代表としてリオ・オリンピックのマラソン競技に出場する 猫ひろしさんも加圧トレーニングでタイムを縮めている一人ですね。レースが楽しみです。

Posted by <カーツ>スタッフ at 17時59分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2016


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ライターリスト

検索


最近の記事

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2012 Kaats Blog All rights reserved.