夏の暑さに負けないカラダ作りのための<カーツ>


みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。
「暑い」と言わない日はないくらい酷暑続きの毎日ですが、カラダがなかなかうまく順応出来ていないという方も多いようですね。
汗を出すチカラ=体温調節能力とも言われていますが、代謝が落ちていると汗も出にくくなります。そして、筋肉が少ないと、これまた汗が出にくくなるのです。

一方、定期的に適度な運動を行っている方は、汗をきちんとかくことで体温調整機能を鍛えていることになります。
これらを考えると、適度な運動を定期的に行うことの重要性を感じますね。
そこで<カーツ>が有効・効果的な道具になるというお話です。

家の中でクーラーをかけながらトレーニングを行うなんて贅沢!と思われるかも知れませんが、カラダが気持ちよいと感じる適度な運動には、適温があります。
30度を超える、また、湿度の高い場所で行うよりも、続けやすい環境を見つけていただくことも重要ですね。

そして、適度に運動することは熟睡にもつながります。
過去にも掲載した内容ですが、とても興味深い話題できたので再度掲載致します。ご参考にしていただければと思います。

*******************************************************

>>>加圧トレーニングを行うとなぜ寝つきがよくなるのでしょうか<<<

自律神経が交感神経から副交感神経が優位に切り替わり、心身がリラックス状態にならなければ、熟睡して疲労を回復させたり、カラダをリセットすることが出来ないと言われています。

加圧トレーニングを行うと、交感神経が活発に働き、トレーニングを終えてベルトを外すとまもなく副交感神経が優位に働きます。トレーニング後に「眠い」と感じるのも同じメカニズムです。
(普段ほとんど運動しない方の場合も、ある程度運動すると心地よい疲労とともに眠たくなりますよね。)

また、仕事終わりで緊張や興奮が冷めていない状態の時にもカーツでストレッチなど少し刺激を入れることで、副交感神経を優位にし眠りにつきやすくできると言えます。

細胞の修復を行ったり、脂肪を分解したり、筋肉を合成する「成長ホルモン」も、熟睡時に多く分泌すると言われています。成長ホルモンは幼年期から思春期にかけて多く分泌されますが、その全体量は年齢を重ねるとともに減少すると言われています。

年齢を重ねてくると、疲れがとれない、眠りが浅いと感じるのは一日の活動量が減り、成長ホルモンもほとんど分泌されていない状態になっているからかもしれません。

自宅でいつでもできる<カーツ>は、不規則な生活パターンでも成長ホルモンを分泌させられる心強いアイテムだと言えますね。こんな活用方法も魅力のひとつです。

*******************************************************

さて、暑い夏を乗り切るための<カーツ>活用法、いかがでしたでしょうか。
腕は10分、脚は20分と許容時間はありますが、暑い夏は加圧・除圧を繰り返しながら、しっかり呼吸、しっかり水分補給を心がけてください。

ドラゴンボートも<カーツ>でコンディショニング


みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。

5月20日(日)に、東京・お台場海浜公園特設会場で『東京ドラゴンボート大会2018』が開催されたのですが、ここでも<カーツ>が登場しました。

>>>ドラゴンボートってどんな競技???<<<

いざ、出発!

たくさん人が乗っているのが見えますね。。

日本代表のヘッドコーチ池田大介さんによると
「ドラゴンボートは10人から20名が力と息を併せて戦うカヌーレース」だそうです。
カヌーは前回のオリンピックで1人乗りが注目されましたね。
こちらのドラゴンボートは、団体なのでスケールが大きくて見応えもあります。

準優勝おめでとうございます

>>>ドラゴンボート競技への加圧トレーニングの活用方法とは?<<<

日本代表のヘッドコーチ池田大介さんは、社会人中心の(昨年度優勝チーム)混合チーム「INO−G」のヘッドコーチでもありますが、社会人中心のチームのため、練習時間が非常に少なくそれを補うための加圧トレーニングを行い、本大会に臨んだと言います。

「ボートに乗艇しながら加圧ベルトを締めての練習を行い、実践的なフィジカル強化が図れる」
このポイントが大きかったそうです。

今大会の結果は昨年準優勝の東京龍舟に僅差で敗れ準優勝に終わりましたが、7月に行われる大阪大会でリベンジを果たすために、更なる練習と加圧トレーニングに取組みます!とおっしゃっていました。

1日に3レースをこなすので、コンディション作りはウォームアップ・クールダウンが最も重要。
今回は試合の合間に、加圧コンディショニングが必要だとして、選手全員が<カーツ>を着たままで試合を行いました。
(もちろん、加圧を締める必要がない時は緩めたままです)

コンディショングでカギを握る「加圧」「除圧」が自分で簡単にできるため、<カーツ>は海の上でボートの上で出来るんです!

画期的なトレーニング方法で日本のみならずアジアでの大会での活躍も期待しましょう!

「陸トレ」でもカーツ!

加圧シャツ、加圧式ダイエットスパッツ


みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。
ダイエットにぐーんと興味のわく暖かい季節になってきましたね。
お問い合わせ窓口にもさまざまな問い合わせやご相談をいただいておりますが、最近増えているのが加圧トレーニング専用ウェア<カーツ>と「加圧シャツ」「加圧式ダイエットスパッツ」との違いについて。

加圧トレーニングが、加圧式トレーニングや加圧筋力トレーニングと呼ばれていたこともありますが、正式には「加圧トレーニング」と言います。

加圧トレーニングとは「適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法」のことです。
専用の加圧器具を使用して、腕の付け根(上腕二頭筋の基部)や脚の付け根(大腿部の基部)に各個人に合った適切な圧を掛けながら、目的に合ったトレーニングや運動を行います。

トレーニングや運動は、ガンガンに鍛えるトレーニングでなくても、ストレッチや体操、ウォーキングのようなものも含まれます。

着るだけ・履くだけ「加圧シャツ」「加圧式ダイエットスパッツ」は、加圧トレーニングを行うための道具ではないのです。

>>>適切に血流を制限した状態で行うトレーニング方法<<<

加圧トレーニング専用ウェア<カーツ>では、腕の基部、脚の基部に専用のベルトを使用して圧をかけてトレーニングや運動を行います。

そうすると、カラダの中である変化が起きます。
さまざまな細胞にメッセージが伝わり、血流が促進されたり、成長ホルモンが分泌したり、毛細血管が働き出すのです。この「適切に制限して行う運動」がカギを握っています。

時間にしてわずか10分。
この適切に血流を自分で制限することができるアイテムが<カーツ>なのです。
毎日の歯磨きついでに、犬の散歩ついでに、掃除のついでに、スクワットのついでに(十分キツイ運動をしているかも知れませんが)、加圧トレーニングを組み合わせることが出来るのです。

加圧トレーニングの効果は、適切な道具でしか得られません。
メカニズムを少し理解していただき、生活の中にうまく加圧トレーニングを取り入れていただければ、健康なカラダを手に入れることが出来るのです。

★加圧トレーニングのメカニズム★

★加圧トレーニングの基礎理論★

「加圧トレーニング」に関しての情報が、厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」に掲載されております。

「加圧トレーニング」に関しての情報が、厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」に掲載されております。

e-ヘルスネットによると、
『健康づくりに役立つ情報や、自分で出来る健康チェック、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づく特定保健指導を行うためのコンテンツを提供しているサイトです。

肥満・血糖値・血圧・中性脂肪・HDLコレステロール・喫煙のうち、たとえひとつでも生活習慣病のリスクがみつかったら、今日から改善に取り組みましょう。毎日の生活習慣を見直すヒントとなる情報を各分野の専門家がお届けします。
健康用語の意味を解説した辞典もご用意しました。』
とあります。

自分で出来る加圧トレーニング<カーツ>。
生活習慣病のリスクを回避するためにも、加圧生活始めてみませんか。

情報提供の内容としては、
1.加圧トレーニング」とは
2.筋肥大・筋力増強効果のメカニズム
3.加圧トレーニングと成長ホルモン
4.加圧トレーニングの利点と欠点
となっております。

詳しい内容は下記よりご覧いただけます。
URL:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-04-008.html

NFL スーパーボウルで加圧トレーニング

※参考写真です。

みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。
日本時間の2018年2月5日(月)に開催される「第52回スーパーボウル」で連覇をかけて戦うニューイングランド・ペイトリオッツはなんと、加圧トレーニングを活用しているチームなんです!

アメリカでの加圧トレーニングは、リハビリ&リカバリーがメインだと聞いています。
ケガの多いスポーツでは、常にリハビリはつきもの。そして、ケガを予防するためのリカバリーや、次の戦いに向けたメンテナンスが大切でいかに素早く効率よくリカバリーさせるのかが注目されています。

加圧トレーニングの特徴である、疲労回復効果
これは、トップアスリートも、いやトップアスリートだからこそ重要視される要素なのです。
アメリカンフットボールでは、選手交代は自由。ベンチに戻ってきたらすぐに次の出番に備えて筋肉をリフレッシュ、メンテナンスできれば、戦力はトップレベルを保ったまま戦えるというわけですね。

野球でも同じようなリカバリーがゲーム中にも行われていると聞きます。ピッチャーは、次の回の投球に備えてウラでリカバリーを行っているのだとか。
スポーツ選手と加圧トレーニングは、「カラダを大きく、パワーアップ」みたいなイメージがあると思いますが、実はリカバリーに使われているケースも多いのです。

NFLでいち早く加圧トレーニングを取り入れたニューイングランド・ペイトリオッツ。連覇に期待をしてしまいますね!

※日本の大学のアメリカンフットボールチームでもカーツで肉体改造をしたチームがあります。
古いデータになりますが肉体改造の結果をみると改めてカーツのパワーを感じます。そして、選手たちこ声も注目すべきことがあります。
*****************************************************
「疲れにくくなった。」
「パワーが上がった。」
「シーズン中に体重が減らない。」
「試合中に攣らなくなった。」
「試合の最後までスタミナがもつようになった。」
*****************************************************
とのこと。
詳しくはこちらをご覧ください。

全国高校サッカー選手権 カーツ導入校の戦いが始まります!


みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。

全国高校サッカー選手権がいよいよ30日に開幕致します。
夏にはインターハイ出場高校をご紹介させていただきましたが、この冬もカーツで熱い戦いに挑むチームが登場します。

☆出場校☆
===男子===
北海道代表  旭川実業
青森県代表  青森山田
岐阜県代表  帝京可児
京都府代表  京都橘
奈良県代表  一条
岡山県代表  作陽

===女子===
関東代表   花咲徳栄

サッカーで加圧トレーニングを取り入れているメリットについては、青森山田を率いる黒田剛監督のお話をこちらに掲載しておりますので、ぜひお読みいただければと思います。

  >>>コンディショニングこそ勝利への道!<<<

これは、夏の高校野球・甲子園大会で優勝したチームのトレーナー 塚原謙太郎さんもお話をされていたポイントです。
短期決戦、充実のプレーを行うためにカーツは必需品になってきているのを感じます。
ケガをしない、自分の持っている力を発揮する精神面でも強くなれる、そんなカーツを導入しているチームにご声援をお願い致します。

75歳で始めた加圧トレーニング 白石加代子さん


みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。
昨日、たまたまテレビを見ていたら「加圧トレーニング」が紹介されていました。

『中居正広の身になる図書館』どうしてそんなに元気なの?若さの秘密 大追跡SP です。

食事習慣、運動習慣など様々な角度から見た若さを保つ健康法を紹介するという内容です。

その中で、76歳の女優・白石加代子さんの運動習慣が第2位で紹介されていたのですが、週1回の加圧トレーニングを取り入れているそうです。いろいろ調べてみると、加圧トレーニングを始めたのは75歳の時みたいで、舞台での体力作りに励まれているとか。

女優さんの場合は、おうちにトレーナーさんに来てもらってトレーニングをすることが出来ますが、自宅でご自身でも加圧トレーニングは行えますので、ご興味のある方は調べてみていただければと思います。

ちなみに、運動習慣の第1位は、「週13時間の筋力トレーニング」でした。お時間のある方はよいのかもしれませんが、重い負荷を持って、長い時間をかけてトレーニングするよりも、軽い負荷で効率的にトレーニングする方法も世の中にはあります。これが、加圧トレーニングのメリットなのですが。

病気やケガがなく、運動制限がない方は、週1回〜2回の運動習慣を若いうちから身につけておくこと、これがとても大切なことなんです。
今回紹介されていた方々も、かれこれ40年くらいやってます!とおっしゃっていましたし、歳をとって急に始めるのではなく、細く長く続けられるコト、これが本当に健康には大切なことですね。

ちなみに、私は、まだまだ加圧トレーニング16年目。
寒い冬も朝から加圧トレーニングで体温アップをしています。

★ご自宅での加圧トレーニンググッズ<カーツ>の購入を考えの方は、購入前にこちらをご確認ください★

◇◆お客様相談窓口 冬季(年末・年始)休業のお知らせ◆◇

誠に勝手ながら、お客様相談窓口は、2017年12月29日(金)〜2018年1月4日(木)まで
冬季(年末・年始)休業とさせていただきます。
2018年1月5日(金)より平常通り営業致します。

尚、上記休業期間中にお客様相談窓口へメールでお問い合わせいただいた場合、返信等は2018年1月5日(金)より順次行なわせていただきます。
お電話でのお問い合わせは、2018年1月5日(金)よりお受け致します。

ご不便・ご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い申し上げます。

◇お客様相談窓口◇
フリーダイヤル: 0120-807-064
月曜日〜金曜日 10:00〜12:00、13:00〜17:00(土、日、祝、年末年始及び夏季休暇除く)
※その他、都合により急遽社休日となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

メールでのお問合わせはこちらから

快適なバランスコンディション<理想的な姿勢と動きへ>


みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。

加圧トレーニングを始める目的の中に上位を占めている「健康維持」。カラダが快適に動くとココロも軽くなり、代謝も活発になる!好循環の元はやはりカラダです。

普段、なんとなく不調な箇所があったり、痛みを感じる箇所があったり、さまざまなトラブルをかかえるカラダ。
理想的な姿勢や動きが出来るとカラダはとても快適なのだと感じることができます。

そんな姿勢と動きをサポートするアイテムが誕生しました。
胸部、体幹部、脚部が一体型になった「ポジティブモーションハーネス」。

◆開発コンセプト
「立つ・歩く・座る」という動きは、人間の基本的な動作であり、特に腰から脚にかけての股関節周りの筋肉が連動して筋群として働きます。主に歩行をつかさどる筋群は外旋筋群と内旋筋群と呼ばれています。その割合は、外旋筋群7割・内旋筋群3割といわれており、どちらも歩行動作に不可欠な存在です。

この筋群を構成する筋肉が、運動不足・衰えによる筋力低下や疲れ・ストレスによる筋緊張から、筋膜との癒着により滑走不全に陥ると、関節可動域が制限され正常な歩行バランスが崩れ、猫背などの身体のゆがみ・つまずき・腰痛・膝痛などの症状を引き起こす要因のひとつと考えられています。これらを対処・予防するには、筋緊張を緩め、筋活動の再活性化を促し、最適な姿勢によるスムーズな歩行を維持・取り戻すことが重要です。

◆バランスコンディショニング&リセットソリューション
===バランスコンディショニングの重要性===
私たちは生活の中において、無意識に悪い姿勢やカラダのバランスがうまく保てない偏った使い方に慣れてしまいがちです。疲れ・ストレスによる緊張は、カラダを固めゆがみの生じる一因とも考えられ、身体の不調を引き起こします。人体の理想的な体節の配列は、縦・横・水平軸から真っ直ぐに並んでいる状態です。(図)
全身運動としての基本動作である歩行(ウォーキング)は、身体作りとして行える最も身近なスポーツですが、どんなスポーツでも正しい構えと効率的な動きがあるのと同様、歩行も最適な姿勢(構え)が美しく効率的な歩行姿勢を生み出すと考えられます。
そこで私たちは、歩行時の上半身(肩・腹部)と下半身(腰・脚)の相反し連動しねじれ合う動きを、下半身の筋活動を要にバランス良くコントロール(調和)して正常化させることに注目しました。
上半身と下半身の繋がりの動きを同時にバランスよく制御することで、全身のブレを程良く調整し理想的な体節の配列へと導く”バランスコンディショニング”という概念が、ポジティブモーションハーネスの根底にあります。身体の緊張を緩めながらゆがみのもとを解消するポジティブモーションハーネスは、快適な生活を送る上で大切なバランスコンディショニングをサポートします。

===リセットソリューションでカラダの元気を取り戻す===
このハーネスの特徴である理想的な体節配列=バランスコンディショニングは身体に記憶され再学習を繰り返します。これをポジティブ・リ・インフォースメントと云い、最適な状態を定着させることがリセットソリューションです。

☆明日はカーツ頂上決戦! at 甲子園


みなさんこんにちは。カーツスタッフのカツコです。

先日もご紹介した夏の全国高校野球選手権大会に出場しているカーツ導入校。今日の準決勝を見事勝ち上がった両校は、なんと、カーツ導入校です! まさに頂上決戦!

共に初優勝を狙う決勝戦。
チームスタッフの方の話では、甲子園でももちろんカーツを使っています!とのことです。

今日の戦いを見ていると1日の休息日があったとはいえ、疲労を効率よく回復させるために、カーツでコンディショニングをしっかり行っていたのではないかと思います。
今日も今頃しっかりと明日に向けて準備をしているのだと思います。

いよいよ、明日の14時プレーボール。
全国の高校球児を代表して決勝に進んだ2チーム。入学当時からカーツになじみがある(カラダを作って、整えて)メンバーが出場しています。高校生の熱い戦いに、みなさまどうぞご声援をお願いいたします。

☆コンディショニングコーチが語るカーツの導入例はこちらからご覧いただけます☆